社殿建て替えについて

社殿は明治30年(1897年)に建設され、120年の時を経て老朽化が進み、平成13年芸予地震の際には柱が数本折れる被害を受けていることから、耐震強度診断を受けました。結果構造上の問題や、大きな地震でなくても倒壊する恐れがあるとの報告を受けました。
緊急を要する事態であるゆえこの事業を発足することにしました。
詳しくはこちら